読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーパとマーマの『007 スペクター』

クレイグ/メンデスのボンド像がただの萌えキャラに後退していてさながらセカイ系深夜アニメに仕上がってたよスペクター。しかも全然気持よくないよ。予告映像にスカイフォールで回収された焼失物品が出てきた時点で「まーた実家絡み。出生の秘密とかやるんじゃあるまいな」って危惧を覚えてたんだけどバッチリ当たってしまったよ。前作のスカイフォールがそもそも孤独と葛藤に苛まれる諜報員の在り方とかその他諸々をファミリードラマに矮小化してママは死んじゃったけど新しいパパが出来たからオッケー! でシメた怪作だから順当と言えば順当だけど、愛があればいいってもんじゃない。







冒頭メキシコシティで大暴れしてパパ(ファインズ"M")にこっぴどく叱責されたけど、それもこれも天国のママ(デンチ"M")が残した遺志だったんだよ! って終末期医療みたいなビデオレターを再生してボンドはマニーペニーの協力を取り付けるんだけどこの時点で既に諜報活動の主体は家族主義的イデオロギーに侵襲されていることを予告していたっぽい。SIGINTとHUMINT、新体制と旧体制という具合で新旧の対立構造が表現されていて風采の上がらない悪役官僚が00〈ダブルオー〉セクションは時代の遺物だスパイは役立たずだとコテコテに煽ってくる。そんでパパはドローンや盗聴では標的の瞳を覗く瞬間がふじこふじこと、(すごいどうでもいい)劇中の基本理念を代弁する形で応酬し、それを象徴するように何かとファミリーで行動し始めるw MI6が解体されて閑職に追いやられたってフォローはあるにしろ、ボンド/M/Q/マニーペニー/ターナーと普段ペーパーワークばっかしてるような連中が一丸となって現場に出張り、対スペクター作戦を必死に頑張ってて、どこぞの家族経営の国際救助隊のような趣があるw ボンドが夜分遅くマニーペニーに連絡を取った際「今のは?」「友達よ」「深夜だぞ」とまぁこういうおもしろホームコメディがフィルムの随所に挿入されていて、英国的主題のコンテンポラリーってサンダーバードなの!? ってそりゃ思うよww 結局ここで提示されているのは勧善懲悪というステレオタイプの反復じゃなくて、家族主義への回帰の中で国家(組織)は再生しうるというNHKの朝ドラみたいな愛憎譚。ラスボスの性癖は前作クレイジーマザコン、今作クレイジーファザコンってのもぶっちゃけ芸がない。




そして映像がとにかく退屈。悪の組織スペクターとその首領ブロフェルドがやっすいやっすい。英ブレナム宮殿の会議シーンは世界観に対してどのような悪意が表明されるのかとwktkしてたけど「偽造ワクチンを流通させました!」「難民女性を多数売春施設に押さえました!」とか、あげく「我々の勝利は目前です(キリッ」なんて総括してて完全に深夜アニメww いや、実務的な世界征服のミッションを台本の肥やしとしか思ってないから深夜アニメ以下だ。爆発オチの秘密基地にしてもそうだけど、世界規模の秘密結社を設定したところでブロフェルドの動機は終始「パパの寵愛パクったボンド殺す」で完結していた(つまり世界観そのものに興味が無い)から、キャラ造型としちゃ劣化シルヴァにしかなってない。マドレーヌに父親自害シーン見せたり、ダダ滑りしてるカッコウの物真似を繰り返したり、MI6本部ビルに顔写真ペタペタ貼って精神攻撃とか悪役のイマージュがそこいらの中学生レベルで、オールドファッションというよりただの陳腐化。ブロフェルド引っ張ってくる必要なかったでしょこれ。ボンドにしても不慣れな暴力描写を火薬量で誤魔化す感じだったし、スパイ映画コンテンツをシリーズタイトルのスチールブックと勘違いしてる。ボンドシリーズの湛える官能性と外形的なファミリードラマが明らかに自家撞着起こしてて、スカイフォールはそのギリギリで踏み止まっていたんだなと思ったよ。まぁあっちも好きじゃない。殺さないライセンスとか嘯いてるけどそもそも復讐の因果からの脱却/世界の悪意からの逃避ってカジノ→慰めで到達したラインなのに無駄にリファインしてメンデスは何がしたいんだ。Mr.ホワイトを小物化させたことも鑑みるに一番悪意を湛えているのは監督とかそういうオチ?w 最後にムリヤリ褒めるとすれば、TOM FORD製の瀟洒なデザイナースーツかな。クレイグボンドのタイトなケツを眺めればチケット代くらいは取り戻せる。